つぶやき日記

2023-02-03 15:25:00

オイルプリング「ごま油うがい」太白ごま油(白ゴマ油)

ごま油うがいの主な効果

1 虫歯&口臭の予防
2 風邪の予防
3 アレルギー症状の緩和
4 白髪、抜け毛、髪のパサつきを予防
5 肌トラブルを改善(美肌効果)
6 アンチエイジング効果
7 喉の調子を整える

ごま油には、抗酸化作用をもつゴマリグナンという成分が含まれています。
ごま油うがいをすることで、体内の活性酸素を除去する働きが強くなります。

全身の血行循環が良くなることで、肌や髪を作る細胞へも栄養分が行き届くように。

images.jpgdownload.jpg

使うごま油は、太白ごま油(白ゴマ油)をつかいます。
通常調理で使用する、香ばしい茶色のごま油とは違い、
色はなく透明で焙煎していないごまから抽出した油のことです。

そのまま使ってもよいのですが
加熱することで、抗酸化成分のセサモールが生成されて、抗酸化作用が高まるり
また、油のもつ重さが抜けて、サラサラと扱いやすく、肌への浸透もよくなります。

アーユルヴェーダのマッサージなどにごま油を使用する際、
キュアリングと呼ばれる加熱処理をすることが推奨されています。

キュアリング方法
鍋でごま油を90℃〜100℃に熱します。
※すぐに温度が上がっていくので、80℃になったら火を止め鍋の余熱考え温度計で常に確認しながら、目を離さないように。
水滴が入らないように蓋はせずに自然に冷ましてから、遮光瓶に入れて冷暗所に保存。
(元の瓶に戻してつかってもかまいません)

キュアリングを行ったほうが、より良いけれど、
面倒なキュアリングなしのごま油でも大丈夫
スタートするときは、ハードルはぐっと下がるので、気楽に始めてください
まずは、小瓶少量から挑戦してみてくださいねw


nikkouyoku_woman.png

いつやるの?
朝起きてすぐがおすすめ
なぜなら、口の中は朝が一番汚いから。
口の中には数百種類の細菌がいます。
特に就寝時には唾液があまり出ないため、細菌が増殖。
これらの菌『毒素的なもの』を取り込まないことで体の負担が減るため、免疫力もアップ!


ugai_woman_bukubuku.png




オイルうがいも簡単です。
ティースプーン1杯少量からスタート
慣れてきたら大さじ2/3〜1杯を口に含んでください。

歯の隙間や表面にオイルが行き渡るように
1日1回15~20分ほど
最初は5分からでもOKです。
「ぶくぶく」と口をすすぐという感じで
唾液と混ぜ合わせるように「クチュクチュ」
「上を向いてゴロゴロしません」

ぶくぶくすることで顔の筋肉が鍛えられるので
お肌の張りを良くし、
ほうれい線が消えるなど美容にも効果があるw

最初は油っぽさを感じますが
だんだんオイルが唾液と混ざってサラサラに
終了後は、ティッシュにオイルを吐き出して捨てましょう。

うがいご後のオイルは「毒素」を多く含んでいますので、決して飲み込んではダメです。