足の爪切り(巻き爪、肥厚爪、爪甲鉤彎症)

DSC_3593.JPG

足の爪切り 4,500 円
(巻き爪・肥厚爪・爪甲鉤彎症〈そうこうこうわんしょう〉)

足に適切な正しい爪の形、長さに整えます。
※爪の長さを正しく整える施術(食い込んでしまった爪等に対応)

※爪甲鉤彎症・厚爪・肥厚爪などの貝のように厚くなった爪の表面を溶かしたり、薄く削ったりする施術はいたしません。
 ですが、爪の長さを正しく整える施術はさせていただきますので、ご予約前に、まず爪白癬(爪水虫)でないことを皮膚科で確認をお願いいたします。

---------------------------

【爪の施術と爪が伸びていく過程】

※爪の硬さや変形の度合いにより個人差がありますので効果を保証するものではありません。

4月スタート
88歳女性 <出張訪問にて対応中>

・自分自身で立ち、歩く事が出来るが長距離は車椅子を使用することも、活動的でまだまだ歩く意欲あり。

写真ではわかりづらいですが鷹の爪のように巻き込み貝のように爪が厚くなり指先を圧迫している状態です。

DSC_2074.JPGDSC_2072.JPG

爪に刺激を与える地面をしっかりと指で踏む事や靴、靴下の履き方に合わせてタオルよせ踏み、爪もみなど運動指導。
爪の乾燥ひび割れ防止に、お持ちのクリーム、オイルなどを塗って柔らかくしていただくアドバイスをしました。


半年経過した状態です(月1回爪カット)

   ↓ ↓ ↓

爪を正しい形に整え、爪の中にあるゴミと甘皮をお掃除した写真です。
下から綺麗な爪が伸び貝のように分厚い部分は1/3になりました!

小石のように溜まって固くなった所が取れたので少し凹んでいますが圧迫がなくなったことで痛みはなくなりました。
右爪拇指も正しい方向に爪が伸びてきています。
靴下も履きやすく、靴の先のあたりも違ってきたので指先が使えるので歩行が安定してきました。

DSC_2981.JPGDSC_2980.JPG

   ↓ ↓ ↓

この写真は、4月スタートの状態です。
解りやすく今回、比べた写真にいたしました。

43204940_1754243834701527_5815508314330497024_n.jpg

ここまで6か月
(月1回の爪カット)

こちらが10月の写真です。
とっても綺麗になりました!

43012761_1754245851367992_8271136778983833600_o.jpg

継続は力なりです!

ご本人もご家族も大変喜んでくださっております。

「卒業」って言葉は正しいかはわかりませんが(笑)
この状態になれば通常の爪切りでカットが出来るようになります。

でも、

又、肥厚したり痛くなったりとの不安から
「ずっと担当して爪を切って下さい!」と
嬉しいお声をいただいております。

今後は、状態も大変よいので
月1回から、1ヶ月半位のペースで爪のカットの予定です。

今回のご報告は、あくまでも1例で、
1年近くかかる方もいらっしゃいます参考事例という事をご理解下さい。


---------------------------

爪、本来の美しさへ、正しい爪の成長を促進させる足の爪切り、自己流での爪のカットは知らないうちに足のトラブルの元に!

ひび割れ(割れ爪)・二枚爪・深爪・薄爪・爪甲鉤彎症・厚爪・肥厚爪・巻き爪(巻きづめ)・陥入爪、など、
トラブルを抱えたまま放置して痛くなった、割れた、折れた、ボロボロになったので来たという方が多いのが現状。

爪がなんか変だな?っと思ったら皮膚科へ「爪水虫(爪白癬)を疑って下さい!」

「まず、相談!」

その後のケアで

「足の爪切りは当サロンのような専門家、プロに任せて切ってもらいましょう!」

---------------------------

≪施術時間について≫


足浴のお時間は含みませんので、お時間に少し余裕をもってご予約下さい。
施術を行う時間は約40分程、爪の状態にもよりますので、トータル60分程お時間を見てください。

プロによる定期的なケアが、巻き爪等のトラブルを予防します。
爪の状況によりますが、個人差もございます。1カ月間に1回程のペースでお通い下さい。

---------------------------

「介護中・ご高齢で自分では切れない!」
「爪切りで切れないほどに厚く(肥厚爪・爪甲鉤彎症)なった!」など

足の爪の障害は、生活に甚大な影響を及ぼします。

正しく切ってケアすれば、歩行能力がアップし、健康になり、社会生活を取り戻し、人生が変わるのです。

・足の爪が切れなくなってしまった方
・爪で悩んでいらっしゃる方

是非、ご相談ください。

足に爪があるから歩ける!

足の爪を大事にしよう!

介護中・ご高齢で、ご自身、ご家族が、お爪を切れなくなってしまった方
「足指・爪ケア」に関してのお悩みの方も、是非ご相談下さい!


21766630_1342108662581715_1589699720889483813_n.jpg21766506_1342108709248377_5454733549569479687_n.jpg

【爪白癬つめはくせん(爪水虫)にならないようにする方法、対策について】

誰しも裸足で歩く環境に行ったらふれてしまうので、白癬菌はあらゆる場所にいると思った方がよいです。
日頃のケアは大変重要になってきます。

白癬菌は、皮膚(角質内)に侵入してから24時間立たないと発症しないと言われています。

「白癬菌に触れてから24時間以内に足を洗い流せば感染しない!」

毎日お風呂に入っているのに、白癬菌になってしまっている方は
足裏、指、爪の隙間が洗えていないということなので、
爪の洗い方を書きましたので、丁寧に洗うように心がけて下さい。

〈爪の正しい洗い方〉
毛先の柔らかいブラシで、泡立てた石鹸で円を描くように優しく洗って下さい。
1)爪の両サイド(手前に掻き出すように優しく)
2)爪の生え際(爪元の角に角質がたまりやすいので丁寧に)
3)爪先(爪と皮膚の間は特にゴミや垢がたまりやすいのでしっかり洗いましょう)

◆それでも、足の水虫、爪の水虫になってしまった方は、皮膚科を受診して早期発見早期治療を行って下さい◆

〈爪白癬のお薬、抗真菌薬〉
飲み薬
・イトラコナゾール
・テルビナフィン  など

塗り薬(1日1回、半年~1年ほど使用)
・エフィナコナゾール
・ルリコナゾール

ご質問が多いのでお薬の名前を上げましたが一部です。
上記はあくまでも参考ですので、担当医師にご確認下さい。